年末年始の営業について

年内は、12/25(火)まで営業致します。
年始は、1/8(水)から営業となります。

それぞれの世界[音楽編]

78890549_2640359096194885_2751008943445639168_n
現在開催中のグループ展“それぞれの世界”のテーマに合わせ、演奏会を開催します。
アンビエント/ノイズ/DIYを軸に音楽活動を展開する野内俊裕(circe)と茨城を拠点に活動する須藤忠隆(三日月窃盗団)の2マンライブ。是非、クラフト作品とともにお楽しみください。
※当日の展示は15時30分までとなります。

それぞれの世界[音楽編]
2019年12月22日(日)
open17:00 start17:30
場所:ミセルくらしPUNTO
料金:1,500円+1D
ライブ:Toshihiro Yanai , 須藤忠隆

sorezore2
Toshihiro Yanai | 野内俊裕
1981生まれ 音楽家/作曲家 インストバンドcirceのギター。自作のペダル・オルガン、騒音、フィールドレコーディングが軸のソロ作品など。2018年NYにて自主レーベルの設立、音源発表、ライブ活動を行う。同年10月、リリースツアーを開始。

須藤忠隆
音楽家、陶芸家。
バンド三日月窃盗団ではギターを担当。これまでにバンドとして二枚のアルバム、ソロとしては二枚のリミックスアルバムを発表している。最新作は三日月窃盗団の「風の墓標」。エレクトロニカを通過した音像、アシッドフォーク的な瞑想感、ミナス新世代とも共鳴する実験性と親しみやすさを兼ねた作品となった。

ご予約:info★punto-spazio.com Tel.029-255-6026
メールの方は、★印を@に変えて送信。
お名前,連絡先,人数をお知らせください。

花垣の小皿

201912misato1
東京MO 花垣の小皿
華やかさをお部屋や食卓に演出してくれる小皿
飾るように収納を楽しむアクセサリートレイやお香用トレイ、菓子皿など、ライフスタイルに合わせて、色々な用途で楽しんでいただけたら。プレゼントにもオススメです。
201912misato2

YEWICO

201912yewico
お客様がYEWICO〔エイコ〕さんブローチ作品を素敵に組み合わせて身に付けて来てくださいました。コアリクイと気球。真珠のネックレスをしてお洒落しています。見ているだけで楽しい気持ちになる動物たちの世界。贈り物や自分へのご褒美に。

くにはらゆきこ

kuniharayukiko
くにはらゆきこ カモメのキーホルダー

PUNTO店主お気に入りの水戸市の西部に位置する大塚池公園。冬には毎年白鳥等も数多く飛来してきます。先日足を運んでみたところ100羽以上やってきていました。(時間帯によりお出掛けするので、朝早くか午後夕方近くに行くたくさん見れます)季節によって様々な野鳥が訪れる静かな公園。メジロ、ヒヨドリ、マヒワ、カワセミ…夏の時期はカモメもやってきます♪

廣田哲哉

201912hirota
廣田哲哉 イキモノ片口
陶器でつくられたものなのに、生き物たちの丸みや毛のふわっとした雰囲気があらわれているのは、型でつくるのではなく、手捻りで1つ1つくり柔らかさを表現しているからこそのもの。
食卓が楽しくなる器たち。

くにはらゆきこ

kunihara0
古着やデッドストックの布を使って動物や食べ物モチーフの人形を作る「くにはらゆきこ」さん。
思わず、クスッとしてしまいそうな、個性的な顔ぶればかり。
こちらは、チッシュケース。
kunihara2
組み合わせるのが難しそうな色や柄の布を絶妙なバランスとアイディアで表現。シンプルなバッグからこんな楽しげな子たちが出て来たら楽しい気持ちになりますね♪

kunihara

東京MO

uminoatamako
東京MO うみのあたま子
海のなかのいきもの小さなおんなのこ?
東京から本格的に制作活動を始めるにあたり茨城に移住してきた美里さん。
自然豊かな土地の四季折々の草木や身近にいる生き物達から想像を広げ、その手から生まれて来る作品は土から生まれた、
キラキラした いきものたち

廣田哲哉

hirota
陶芸家 廣田哲哉さんの作品
想像の世界から生まれて来た生き物たちは
どこかにいるようで、はじめて出会う存在。

写真は、どんな花材をあわせようかと想像力を刺激してくれる一輪挿し。
マグカップやゆのみ、菓子皿、鉢など、毎日の暮らしに、優しさと心和む時間を運んでくれるうつわたちがPUNTOにやってきました。唯一無二の作品たちとの出会いを楽しんでもらえたら嬉しいです。

YEWICO

yewico
群馬県を拠点に活動されているYEWICO〔エイコ〕さんによる革を使ったブローチ作品。独学で制作を続け 新作は、みているだけで楽しい気持ちになる動物たちの世界が広がっています。

12/23(月)•24(火)営業します

omote
通常定休日の月曜日と火曜日企画展中なので営業します!
クリスマスプレゼントに他にはないものをお探しの方!是非!

ura
それぞれの世界
2019年12月7日(土)〜25日(水)
12:00─19:00
※月・火曜日定休 但し23・24は営業

まるで絵本や映画に出てきそうな登場人物や動物、風景…
独自の世界観で、ものづくりを続けている4人の作家による展覧会。

生活の中のいつもとちょっと違った色や形
作家のつくるそれぞれの世界観が、
視野や創造を広げるきっかけになったらうれしいです。

作家プロフィール (50音順)

YEWICO[エイコ]
広島県広島市出身。創形美術学校版画科卒業。
趣味で革靴教室に通うのをきっかけに、レザークラフトを始め、独学でブローチの制作を始める。
2014年よりYEWICOとして作家活動をスタート。『日常の、ワクワク』のお手伝いができるようなブローチをコンセプトに制作しております。
instagram : @yewico

くにはらゆきこ
1975年10月1日生まれ。
昔から物を作るのと古着と人と違う事が好きで、2009年頃から古着で人形を作り始めました。ハンドメイドイベントや個展で作品販売しています。
好きな食べ物はりんごと焼き海苔です。
instagram : @haraniku

陶芸家 東京MO[Tokyo Misato Ohashi]
1986年 神奈川県横浜市生まれ
2009年 多摩美術大学工芸学科陶専攻卒業
2011年 多摩美術大学大学院博士前期課程美術研究科工芸専攻卒業/休眠
2017年 焼き物による制作を再開
2018年 茨城県笠間市へ移住/制作を本格化
twitter/instagram : @tokyo_m_o
https://misatoohashi.tokyo/

廣田 哲哉
1985年 奈良県奈良市生まれ
2009年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン陶芸コース卒業
笠間焼製陶所勤務
2015年 茨城県笠間市にて独立、築窯
instagram : @tetsuya_hirota_

もくのすけ

20191129mokunosuke
「もくのすけ」鈴木友子さんがつくるアクセサリー
素朴で飾らない美しさのある伝統的な寄木細工。モダンなデザインのピアス、ブローチ、ピンバッチ。
洋服屋耳元のちょっとしたアクセントに。

「身につけるものを通じて小田原が漆器の産地であるということを知っていただき、毎朝のお味噌汁を小田原漆器のケヤキのお椀でいただく…という人を増やしたい」という願いを込めてつくられたものです。

20191129mokunosuke1
箱根寄木細工は種類の多い木材の、それぞれが持つ異なった材色や木目を生かしながら寄せ合わせ精緻な幾何学文様を作り出し一定厚みの「種板(たねいた)」とし、これを特殊な大鉋(おおかんな)で薄く削り、小箱などに貼布、装飾に利用したり、種板をそのまま加工し製品にする手作りの木工芸品です。

薄く削った模様を木製品の外側に貼り付ける手法を「ヅク貼り」、種板を加工して形づくる手法を「ムク作り」と言います。
製品としては、文箱・引出し類・宝石箱・盆・菓子器・コースター・花器など、様々な木工芸品があり、箱を開ける際のからくりが施してある秘密箱は有名です。

この技術技法は江戸時代末期に箱根町畑宿に始まり、現在まで技術継承がなされ、小田原、箱根地方が日本では唯一の産地です。昭和59年5月、通商産業大臣により「伝統的工芸品」として指定をうけました。

沼田智也 花文

numata
愛着のあるうつわで食べる食事は美味しい。
どんぶりも気に入ったものを使っているという方は少ないのではないでしょうか?

沼田智也 花文
「古典的な絵も描けるけど、可愛いのもつくれるんです」と笑いながら納品してくれた器のなかには、骸骨やUFOおばけなどの変わり種もありましたが、愛らしい植物や花が沼田さんらしい淡く美しい呉須の青の線で儚く繊細に描かれていました。
高萩の移ろう季節を楽しむことを大切にしているからかもしれませんね。

いつもお会いするとおちゃらけて周りの皆を楽しませてくれたり面白いことにも全力な沼田さん。手しごとからまた別の一面も見えて来るのも器の魅力のひとつですね。

酒井敦志之 塩釉刷毛目拉麺鉢

20191031sakai
酒井敦志之 塩釉刷毛目拉麺鉢
撮影協力 麺’sキッチン RIRI 撮影 酒井敦志之
チャーシューやメンマ、ネギ、もやし、海藻類など、具材たっぷりのラーメンが映える口が広いデザイン。
実際実物が器に入るとよりイメージが湧きますね!
煮物やサラダなど他の料理を盛りつけるにも良さそうです。

塩釉(えんゆう)
薪窯最高温時(1200度)に食塩を窯の上部の穴から投入すると,食塩のナトリウムと陶土のケイ酸が融合し,ガラス化(結晶化)したケイ酸ナトリウムを陶器上に生じる。ドイツでは岩塩が豊富にとれるそうで、現地でとれる身近な材料を使い焼いてみたところ独特の面白い器に仕上り、器作りのひとつの方法として民芸運動の頃に伝わっていったそうです。ものづくりも身近にある素材からその土地の色を含んだものが生まれて来る面白さがありますね。