はきもの工房うえの

20191007
はきもの工房うえの 展示受注会
たくさんのご来場ありがとうございました。

どの靴屋さんに行っても足にあう靴に出会えずにいたという方々がこんなにもいらっしゃるのか!とあらためて。足が大きい小さい、甲が高い低い、靴擦れ、左右の足の大きさの違い、以前怪我により足の形が変形してしまい靴に困っているなど。

サンプルの靴でさえ、しっくり馴染むのだから、採寸してもらって自分の足にぴったりの靴をつくることが出来たら…と想像しただけで嬉しくなると話している方々。そして、昨年注目して、待ちに待った靴を履いて嬉しそうに帰って行く方々。日常にストレスなく過ごせることが難しい靴の世界があちこちにあるのだなぁと改めてリアルに感じた1週間でした。

靴はどうあるべきか。
様々な考え方があるとは思うけれど、こういう選び方が出来る選択枠も日常にあるべきだなぁと。

はきもの工房うえのさんの展示受注会はまた来年の今頃PUNTOにて開催予定です。今回ご予定が合わなかった方、注文しようか迷っていた方、また来年お楽しみに〜

橋本千菜美 × 橋本智子 2人展

20190324_5
橋本千菜美 × 橋本智子 2人展 竹籠と布もの 開催中!
パンを自宅で焼いているとお話ししてくれたお客さんが、パン皿に用に平ざるを購入してくださった。
焼きたてのパンを置く時、磁器製の皿だと裏側に汗かいたりしてしまう。その点竹は良いバランスで隙間があるから蒸気が逃げて蒸れないので、道具として適しているのです。
青々した竹籠が使い込まれ、長年の月日を経て飴色に育って姿を見るのが楽しみです。

師匠

20190324
橋本千菜美さんの竹細工の師匠 鈴木繁さんも来てくださいました。

20190324_1
千菜美さんの作ったざるを一通り見てもらい「上手に作れているよ」とお墨付きをいただいた後、手さげ籠の作り方のコツや、コーヒードリッパーの作り方を教えてもらっていました。

20190324_2
師匠 86歳と弟子 27歳の微笑ましい時間。

無添加おやつ きのみの便

kinomino
今日は爽やかな朝☀️ドライブ日和ですね!
本日は、無添加おやつ きのみの便りの日です♪

無農薬レモンとポピーシードクッキー♪
アーモンドビスコッティ(ココア)
黒胡麻ショートブレッド
ココナッツ全粒粉
そばのみぼうる
きなこごまぼうる

そして5つの味が少しづつ楽しめる三角のミニBoxも用意しています。ちょっとしたお礼や、ご挨拶に、ホワイトデイのお返しに添えていただいても◎いつものようにザクザク系、噛めば噛むほど味わいが増します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中塚映司・あかたゆき 2人展
へらとかお〜手さわりを探して〜 開催中!

本日、16時くらいよりあたかゆきさん、在廊致します。

思わず撫で回したくなるへらと物憂げなかお達がずらり。
明日の3月10日までの展示です。
偕楽園の梅も見頃ですね、合わせて是非。

Ph.D. 荒井くんと奈月ちゃん

20190211
Ph.D.(フッド)の荒井くんと奈月ちゃん夫妻がPUNTOに遊びに来てくれましたー!嬉しいっ!水戸に居た写真家の 金田幸三くんや、スパン子さんなど共通の友人が多い「絵を飾る」展示作家のnatunatunaさんも搬出がてら来てくれて、2人と繋げられてよかった〜。ご縁は自然と繋がって行くのだなぁと。

絵を飾るvol.2 ×赤池完介

20190120_
赤池完介さんによるプレゼント企画
ステンシルカスタマイズプリント!「絵を飾るvol.2」の展覧会のチラシのイメージから赤池さんがステンシルで作品をつくってくださいました!嬉しいサプライズ!
こちらの絵柄も希望の方にはカスタマイズプリントに入れてくださいますよ〜。

7月の休業日

定休日 月曜日火曜日
7/16(月•祝)はお休みさせていただきます

4月の臨時休業&イベント出店のお知らせ

aozora
4/15(日)都合により臨時休業致します
4/29(土)•30(日)あおぞらクラフトいち出店
※Awabi ware うつわ展 初日会場にて
http://www.aozora-craft-ichi.com

竹籠アレンジ

20180330
橋本千菜美「竹籠とくらし」初日にご来店くださったお客様が再来店。購入したアソビ籠にアレンジを加えて持って来てくださいました。楽しんでいただけている様子で嬉しかったです。最終日までこちらも展示します♪

六つ目かごワークショップ

20180318_10

20180318_7
真竹を使用し、底の部分を六つ目に編んでいきます。出来るだけ均等にバランスをとりながら…

20180318_8
底の部分が出来たら一度水に浸し、側面を立ち上げる際に竹が折れないように柔らかくしておきます。

20180318_9
底の部分には、強度をもたせるため、孟宗竹を使用。他の部分は、真竹を使用しています。現在はこの孟宗竹をあつかえる職人さんが減っているそうです。

20180318_11

20180318_13
枠の部分は講師の橋本親方(先生は気恥ずかしい)が事前に丸くして作っておいてくださったものを使用。

20180318_14
編み方を間違えないようにするのも慣れないと難しい。

20180318_15
かごの上部につける孟宗竹の枠を付けるまえに、竹を中に織り込んで余分な部分はハサミでカット。

20180318_16
六つ目かご 完成!作った方によって個性もみれて楽しい♪

20180318_w17
最後につくった籠を持って記念撮影

花かごワークショップ

20180318_1
講師は、橋本千菜美さん。

20180317_6
午前中の部「花かご」は竹の曲線を活かした“四海波”という代表的な花籠の編み方で編まれた四海波花籠(しかいなみはなかご)を作ります。竹籠づくりが初めてという方におすすめの入門として最適なワークショップです。

20180318_2
講師の橋本さんが用意してくださったひごを使い「花かご」つくりスタート

20180318_3
段々と形になって来ました。

20180318_4
参加者のみなさん真剣!

20180318_5
美しく仕上げるためのポイントを教えてもらい、完成までもう一息!

20180318_w21
完成した作品を持って記念撮影籠に久松農園さんの野菜を添えて。

橋本千菜美 竹籠 × 久松農園 野菜

20180311
「橋本 千菜美 竹籠とくらし」2日目OPENしております。
六つ目あみでつくられた籠に久松農園さんの野菜を入れて旬のにんじんジュースはお試し価格で提供しています。この機会に是非!
赤大根、プチヴェール、紅菜苔、フリルレタス、にんじん、にんじんジュース ※野菜は完売しました

久松農園 野菜販売します!

20180308hisamatu
週末からはじまる展示「竹籠とくらし」。竹籠をつくる橋本千菜美さんのご縁により、初日3/10(土)と3/18(日)に、有機農業を営む「久松農園」さんの採れたての美味しい野菜も籠と一緒に店頭に並ぶことになりました!

筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、旬の野菜を露地(屋外)栽培し、野菜がそれぞれにもつ旨みや苦味、味わい深さ、香り高さを含んだ複雑な味わい“滋味”を大切にする久松農園。生き物の仕組みを生かし、豊かな自然環境の中でたくましく育った野菜は食卓を豊かにしてくれます。是非この機会にお手に取っていたけたら嬉しいです。
http://hisamatsufarm.com

竹細工 橋本千菜美さんの工房へ

20180205
3月10日(土)からミセルくらしPUNTOにて展示スタートする、竹細工 橋本千菜美さんの工房へ。ひごづくり、編みの工程などみせていただいたり、展示などに必要な素材撮影を

20180205_1
普段使いしている竹かごがあちらこちらに

20180205_5
3月18日(日)籠づくりのワークショップも開催します。詳細はのちほど。