六つ目かごワークショップ

20180318_10

20180318_7
真竹を使用し、底の部分を六つ目に編んでいきます。出来るだけ均等にバランスをとりながら…

20180318_8
底の部分が出来たら一度水に浸し、側面を立ち上げる際に竹が折れないように柔らかくしておきます。

20180318_9
底の部分には、強度をもたせるため、孟宗竹を使用。他の部分は、真竹を使用しています。現在はこの孟宗竹をあつかえる職人さんが減っているそうです。

20180318_11

20180318_13
枠の部分は講師の橋本親方(先生は気恥ずかしい)が事前に丸くして作っておいてくださったものを使用。

20180318_14
編み方を間違えないようにするのも慣れないと難しい。

20180318_15
かごの上部につける孟宗竹の枠を付けるまえに、竹を中に織り込んで余分な部分はハサミでカット。

20180318_16
六つ目かご 完成!作った方によって個性もみれて楽しい♪

20180318_w17
最後につくった籠を持って記念撮影

花かごワークショップ

20180318_1
講師は、橋本千菜美さん。

20180317_6
午前中の部「花かご」は竹の曲線を活かした“四海波”という代表的な花籠の編み方で編まれた四海波花籠(しかいなみはなかご)を作ります。竹籠づくりが初めてという方におすすめの入門として最適なワークショップです。

20180318_2
講師の橋本さんが用意してくださったひごを使い「花かご」つくりスタート

20180318_3
段々と形になって来ました。

20180318_4
参加者のみなさん真剣!

20180318_5
美しく仕上げるためのポイントを教えてもらい、完成までもう一息!

20180318_w21
完成した作品を持って記念撮影籠に久松農園さんの野菜を添えて。

平ざる 青白 鉄線編み

20180317_1
竹の魅力の1つは編み方によって引き立つその美しさ。台所に干して置いてあるときも絵になります。

竹には天然の抗菌作用もあるので、食材をのせる器としてもぴったり。そば、てんぷら、揚げ物、サラダ、おにぎり、パン、お菓子などいろいろな食材を受け止めてくれます。

使った後は、さっと水洗いして水気をきって風通しの良いところに干せばOK!

食材をのせる以外にも鍵や小物を置くトレイとして使っても素敵です。

トネノワ 国産はちみつ

20180316
トネノワ 国産はちみつ2種入荷しました。
•群馬県の赤城山麓で採れた百花蜜(右)
•群馬県太田市、利根川沿いで採れた百花蜜(左)
いずれも百花蜜なのですが、利根川で採れた蜂蜜はヘアリーベッチや菜の花など野の花から採れた蜜であっさりしているのに対して、“赤城の百花蜜”は、栗やトチ、エゴなどの雑木から採れた蜜で、黒糖の様なこっくりした甘みが特徴です。
自然豊かな地から送られてくるトネノワさんのはちみつはクセがなく芳醇で濃厚、とても美味しいはちみつです。
非加熱なので酵素や有機酸など栄養がたっぷり。ぜひお試し下さい。

道草かごブローチ

20180315_1
“道草かごブローチ”
小さな花かごが、ブローチになりました。

道端でのふとした草花との出会いが気付かせてくれる、季節の移ろい。そんな小さな発見をかごに入れて、いつもより少し大切に、身に付けてみる。

身近にある小さな発見が、暮らしにホッと、寄り道の時間を与えてくれます。

磨き加工により、年数を重ねる度に深みのある飴色へと変化する竹の表情も、楽しみのひとつです。

竹の手さげかご

20180313_1
橋本 千菜美「竹籠とくらし」定休日あけの3日目。12時OPENです。
竹のしなりを活かした丸みのあるフォルムがなんとも愛らしい手さげかご。編むときの感覚で1つ1つデザインをかえてつくられています。
ひごをつくりの時に一手間加えて、面取りをして磨き仕上げをしてあるので、手触りもよく服に引っ掛かったりすることもありません。

師匠と弟子

20180312_0
竹細工職人 鈴木繁さんと橋本千菜美さん
師匠は、あらゆる編み方を駆使し、日用品、道具を作る。岩間町(現笠間市)の伝統、竹細工の製作を初めて65年以上。プラッチック製品の台頭や恒例化で職人が減る中、86歳になった現在も、ものづくりを続けています。後継者育成にも力をいれていて、千菜美さんも鈴木さんのところで学んだ一人。

橋本千菜美 竹籠 × 久松農園 野菜

20180311
「橋本 千菜美 竹籠とくらし」2日目OPENしております。
六つ目あみでつくられた籠に久松農園さんの野菜を入れて旬のにんじんジュースはお試し価格で提供しています。この機会に是非!
赤大根、プチヴェール、紅菜苔、フリルレタス、にんじん、にんじんジュース ※野菜は完売しました

橋本 千菜美 竹籠とくらし 初日

201802310
たくさんの方々に足を運んでいただき、ご縁がつながる楽しい1日となりました。

20180310_2
暮らしの中にすっと馴染んでくれる竹籠は、日本人独自の知恵や考え方が形となって伝わってきたもの。その手しごとに触れていただけることはとても嬉しい事だなと。

20180310_4
使い方の参考になるような本も置いていますので、自由に閲覧していただけたらと思います。

久松農園 野菜販売します!

20180308hisamatu
週末からはじまる展示「竹籠とくらし」。竹籠をつくる橋本千菜美さんのご縁により、初日3/10(土)と3/18(日)に、有機農業を営む「久松農園」さんの採れたての美味しい野菜も籠と一緒に店頭に並ぶことになりました!

筑波山と霞ヶ浦に挟まれた、茨城県南部の土浦市(旧新治村)で、旬の野菜を露地(屋外)栽培し、野菜がそれぞれにもつ旨みや苦味、味わい深さ、香り高さを含んだ複雑な味わい“滋味”を大切にする久松農園。生き物の仕組みを生かし、豊かな自然環境の中でたくましく育った野菜は食卓を豊かにしてくれます。是非この機会にお手に取っていたけたら嬉しいです。
http://hisamatsufarm.com

Jaco 柿渋染め名刺入れ

20180304_1
Jaco 柿渋染めの布で作られた名刺入れ。
柿渋染めは、渋柿のまだ青くて小さい実を砕いて絞った汁を、1年以上寝かせて醗酵させ染色液とする草木染の一種です。
柿渋染めは染液に浸けている間に布が染まるのではなく、乾くとき、日に当たったときに染まります。そこが他の草木染と違うところです。柿渋は塗料と染料の両方の性質を持っていて、染めると布を硬く丈夫にしてくれます。
ポケットの数は全部で3つ。ふたつは大容量。自分の名刺といただいた名刺と分けてしまうことができます。
ひとつはいただいた名刺を一時的に分けておきたい時にちょうどいい薄型です。PASMOを入れても♪

*2月 無添加おやつ きのみの便*

kinomino1
葉付きの立派な檸檬をいただいて、見てるだけでもしゃきっとしてきます。
2/23(金)はきのみの便り。
水戸の梅の開花もちらほらと、同時に目と鼻がなんとなくぐずぐず。檸檬とミントのクッキーで気持ちだけでもすっきりしたい。
いつものお菓子をいつもの場所へ。お店openの12時頃のお届けです。どうぞよろしくお願いします。
http://kinomino-yum.com

橋本千菜美 竹籠とくらし

punto_A5_o1
茨城県つくば市北条にて竹の採取からひご作をつくり形にするまでの全ての工程を竹と向き合い竹細工作品を制作する橋本千菜美さんをご紹介する展示をします。

千菜美さんがつくる籠は竹特有の自然な“しなり”を活かした丸みのあるフォルムがなんとも愛らしいのです。
ブローチやピアスといった作品や、竹で遊んだちょっと面白い作品も届く予定です。お楽しみに。

展示期間 3月10日(土)〜4月8日(日)
作家在廊日 3月10日(土)、18日(日)

作家プロフィール
橋本千菜美
京都出身
京都市立銅駝美術工芸高校 彫刻科卒
筑波大学芸術専門学群 彫塑専攻卒
茨城・千葉県の職人さんたちに竹細工の技術を教わりつつ、自宅兼工房で制作。

take_ws2
*竹でつくる籠ワークショップ参加者募集
竹の強さや柔らかさ、手仕事の面白さを体験して頂けます。下記2講座よりお好きな内容を選んでご予約ください。
講師:橋本千菜美
持ち物:特になし(水を使うので多少濡れても大丈夫な格好でおこしください)

take_ws
3月18日(日)
①10:00〜12:00「花かご」
定員8名 参加費 3,500円(お茶付き)
竹の曲線を活かした“四海波” という代表的な花籠の編み方で編まれた四海波花籠(しかいなみはなかご)をつくります。竹籠づくりが初めてという方でも大丈夫!入門として最適なワークショップです。サイズは直径約12cm。花籠やちょっとした物入れに便利な大きさです。

②14:00〜18:00「六つ目かご」
定員6名 参加費 5,500円(お茶付き)
上部が円で編み目と底が六角形の“六つ目かご”をつくります。
サイズは直径約20cm。コップを入れたり洗面所などの小物を入れたり生活に彩りを添えてくれます。

ワークショップの予約・お問い合わせは、店頭、お電話またはメールにてミセルくらしPUNTOまで。
名前、電話番号、参加希望のWSをお知らせください。
Tel 029-255-6026
(受付時間11:00〜20:00時くらいまで)
メール info@punto-spazio.com

川内けいと 陶アクセサリー

20180209
川内けいとさんのヤキモノアクセサリー新作入荷しました。
ラトヴィアの伝統模様をモチーフにしたピアスとイヤリング。※写真はイヤリングタイプ。イッチン(泥漿や釉薬によって文様を盛り上げ描く装飾技法)を用いて文様を描いて、最後に金彩を施して仕上げてあるので模様が立体的なのもポイントです。