20180304_1
Jaco 柿渋染めの布で作られた名刺入れ。
柿渋染めは、渋柿のまだ青くて小さい実を砕いて絞った汁を、1年以上寝かせて醗酵させ染色液とする草木染の一種です。
柿渋染めは染液に浸けている間に布が染まるのではなく、乾くとき、日に当たったときに染まります。そこが他の草木染と違うところです。柿渋は塗料と染料の両方の性質を持っていて、染めると布を硬く丈夫にしてくれます。
ポケットの数は全部で3つ。ふたつは大容量。自分の名刺といただいた名刺と分けてしまうことができます。
ひとつはいただいた名刺を一時的に分けておきたい時にちょうどいい薄型です。PASMOを入れても♪

Share on Facebook