平ざる 青白 鉄線編み

20180317_1
竹の魅力の1つは編み方によって引き立つその美しさ。台所に干して置いてあるときも絵になります。

竹には天然の抗菌作用もあるので、食材をのせる器としてもぴったり。そば、てんぷら、揚げ物、サラダ、おにぎり、パン、お菓子などいろいろな食材を受け止めてくれます。

使った後は、さっと水洗いして水気をきって風通しの良いところに干せばOK!

食材をのせる以外にも鍵や小物を置くトレイとして使っても素敵です。

道草かごブローチ

20180315_1
“道草かごブローチ”
小さな花かごが、ブローチになりました。

道端でのふとした草花との出会いが気付かせてくれる、季節の移ろい。そんな小さな発見をかごに入れて、いつもより少し大切に、身に付けてみる。

身近にある小さな発見が、暮らしにホッと、寄り道の時間を与えてくれます。

磨き加工により、年数を重ねる度に深みのある飴色へと変化する竹の表情も、楽しみのひとつです。

竹の手さげかご

20180313_1
橋本 千菜美「竹籠とくらし」定休日あけの3日目。12時OPENです。
竹のしなりを活かした丸みのあるフォルムがなんとも愛らしい手さげかご。編むときの感覚で1つ1つデザインをかえてつくられています。
ひごをつくりの時に一手間加えて、面取りをして磨き仕上げをしてあるので、手触りもよく服に引っ掛かったりすることもありません。

師匠と弟子

20180312_0
竹細工職人 鈴木繁さんと橋本千菜美さん
師匠は、あらゆる編み方を駆使し、日用品、道具を作る。岩間町(現笠間市)の伝統、竹細工の製作を初めて65年以上。プラッチック製品の台頭や恒例化で職人が減る中、86歳になった現在も、ものづくりを続けています。後継者育成にも力をいれていて、千菜美さんも鈴木さんのところで学んだ一人。

橋本千菜美 竹籠 × 久松農園 野菜

20180311
「橋本 千菜美 竹籠とくらし」2日目OPENしております。
六つ目あみでつくられた籠に久松農園さんの野菜を入れて旬のにんじんジュースはお試し価格で提供しています。この機会に是非!
赤大根、プチヴェール、紅菜苔、フリルレタス、にんじん、にんじんジュース ※野菜は完売しました

橋本 千菜美 竹籠とくらし 初日

201802310
たくさんの方々に足を運んでいただき、ご縁がつながる楽しい1日となりました。

20180310_2
暮らしの中にすっと馴染んでくれる竹籠は、日本人独自の知恵や考え方が形となって伝わってきたもの。その手しごとに触れていただけることはとても嬉しい事だなと。

20180310_4
使い方の参考になるような本も置いていますので、自由に閲覧していただけたらと思います。

橋本千菜美 竹籠とくらし

punto_A5_o1
茨城県つくば市北条にて竹の採取からひご作をつくり形にするまでの全ての工程を竹と向き合い竹細工作品を制作する橋本千菜美さんをご紹介する展示をします。

千菜美さんがつくる籠は竹特有の自然な“しなり”を活かした丸みのあるフォルムがなんとも愛らしいのです。
ブローチやピアスといった作品や、竹で遊んだちょっと面白い作品も届く予定です。お楽しみに。

展示期間 3月10日(土)〜4月8日(日)
作家在廊日 3月10日(土)、18日(日)

作家プロフィール
橋本千菜美
京都出身
京都市立銅駝美術工芸高校 彫刻科卒
筑波大学芸術専門学群 彫塑専攻卒
茨城・千葉県の職人さんたちに竹細工の技術を教わりつつ、自宅兼工房で制作。

take_ws2
*竹でつくる籠ワークショップ参加者募集
竹の強さや柔らかさ、手仕事の面白さを体験して頂けます。下記2講座よりお好きな内容を選んでご予約ください。
講師:橋本千菜美
持ち物:特になし(水を使うので多少濡れても大丈夫な格好でおこしください)

take_ws
3月18日(日)
①10:00〜12:00「花かご」
定員8名 参加費 3,500円(お茶付き)
竹の曲線を活かした“四海波” という代表的な花籠の編み方で編まれた四海波花籠(しかいなみはなかご)をつくります。竹籠づくりが初めてという方でも大丈夫!入門として最適なワークショップです。サイズは直径約12cm。花籠やちょっとした物入れに便利な大きさです。

②14:00〜18:00「六つ目かご」
定員6名 参加費 5,500円(お茶付き)
上部が円で編み目と底が六角形の“六つ目かご”をつくります。
サイズは直径約20cm。コップを入れたり洗面所などの小物を入れたり生活に彩りを添えてくれます。

ワークショップの予約・お問い合わせは、店頭、お電話またはメールにてミセルくらしPUNTOまで。
名前、電話番号、参加希望のWSをお知らせください。
Tel 029-255-6026
(受付時間11:00〜20:00時くらいまで)
メール info@punto-spazio.com

YEWICO[エイコ]革の作品展 会期が終了しました

20170826y
YEWICO[エイコ]革の作品展
たくさんの方々に足を運んでいただき、無事会期が終了しました。ありがとうございました。YEWICOさんならではの色の組み合わせ、なんともユニークで楽しげな雰囲気の動物や生き物たち。作品には1つ1つの動物に合わせて背景イラストが手描きで描かれており、その世界観にみなさん引き込まれている様子でした。
PUNTOに旅に出て来た動物たちは、それぞれに行き先を見つけて。出会い。また新しい世界を見てゆくのだと思います。

20170826_3

YEWICO カモノハシ

20170804y
YEWICO カモノハシのブローチ

YEWICO マガモ

20170806
マガモのブローチ
ぷか ぷか。

YEWICO ハリネズミ

20170803y
YEWICO[エイコ]革の作品展開催中!
ハリネズミくんもやって来ました

YEWICO カンムリシャコ

20170805y
カンムリシャコ。
ファンキーなヘアスタイルが個人的にツボな鳥です。ブローチに。

YEWICO A4トートバッグ

20170802
YEWICO[エイコ]革の作品展 開催中!
可愛いブローチ以外にも素敵な作品があります。
皮革製品の裁ち落としを利用したA4トートバッグ。さまざまなかたちをした革を直感的にパズルのように組み合わせて、素敵なバッグに仕上げてあります。内側は内ポケット付きの布が縫い付けてあるので中に入れたものも見えないので安心です。

YEWICO サイのブローチ

20170730_
YEWICO サイのブローチ
展覧会はじめの頃に来てくださったお客様がブローチを付けて再来店してくださいました♪