20200418manome1
馬目隆広さんの鳥の小皿webショップに掲載致しました。
粉引きや三島手などの技法で普段の生活で楽しめるような素朴でシンプルなうつわが魅力。

馬目さんは、いつも朗らかで 美味しい珈琲を淹れ、ウクレレを弾き、と思えば慌てているお茶目な姿とか、見ているだけでホッとした気持ちにされられる。器にもそれが現れているなぁと。気張らずホッと一息の時間に使って欲しいなと思う器づくりをされています。

20200418manome
陶土はオリジナルに調合したものを使用し、粉引きは黒い点々や少し荒っぽい砂目を混ぜたりして、素朴な風合いが出るように仕上げられています。釉薬も真っ白というより少し青みが出るような木灰と長石を合わせたもの。還元焼成という変化が出やすい方法で焼いているので、毎回微妙に色合いが異なってきます。その土や釉薬の個体差を楽しんでもらえたらうれしいです。
こちらは鳥文の象嵌が施されています。
※象嵌は、半乾きの作品に、線彫りしたり印を押したりして、へこませた部分や線の溝に粘土や、化粧土を埋め込む技法。

webショップは、プロフィールページのリンクからサイトにとべます。
https://punto.thebase.in/

お店ものんびり営業中です。
4/19(日)はtomteさんが洗って使える布マスクを追加で作って来てくださいます。大人用と子供用あります。¥350〜¥400+tax

Share on Facebook