20180317_0
軽くて丈夫な竹は昔からいろんな用途に使われてきました。例えば竹筒は便利な水筒になり、煮炊きや酒作りに利用したり。籠は物を運ぶための道具として様々なタイプのものが生活の中から生まれました。

こちらの「手さげかご」は、普段使いに、お気に入りの手ぬぐいや布で目隠しして。春のおでかけに。
20180322_2
滑らかな手触りにするため面取りして、磨き(表面のガラス質の緑色をうすく削り落とす加工工法)をしてあります。

20180322_5
竹の青みがある状態から、後に深みのある飴色へと変化していきます。自然素材ならではの育てる楽しさのあるかごです。

20180317_7
丸型、楕円型、持ち手もいろんなタイプのかごをつくってくださいました。

Share on Facebook