20170115_5
New!滋賀伊吹山の実ごと食べれる在来そば茶 入荷しました。

すらっとしたい時のための、巡るお茶。
現在、確認できる18種類ほどになった貴重な在来種のそばを香ばしく炒り上げました。
滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山は、古来薬草の山として親しまれて来ました。
日本海側と太平洋側の気候が合わさり、両方の植物が混ざって生えている珍しい植生。そして織田信長が宣教師に300種類ほどのハーブを本国から持って来させ、ハーブ園を作っています。400年以上が立ち、伊吹の気候に合わせて進化したので、独特のタイム(イブキジャコウ)などの伊吹山でしか見られない植物が何十種類もあります。
在来種のそばは、とっても小粒。その分、味や栄養分がぎゅっと詰まっています。
手間ひまはかかりますが、この土地ならではのやさしい味わいがあります。

おすすめの飲み方は煮出していただくこと。小鍋でお湯を沸騰させて、そばを加えて5〜10分ほどを目安にお召し上がりくださいませ。スプーンを添えてそばの実も丸ごと、お楽しみいただけます。

◎ノンカフェイン
◎農薬不使用栽培
◎在来種
◎昔ながらの手作り
◎そばの実150g入り

Share on Facebook