2019numata1
沼田智也 髑髏文
沼田さんの絵付けには古典的な図案のを手掛ける中に、新しさとユーモアが溢れています。

2019numata3
花文
日本画を学ばれたという筆はこびはどれも巧みで、イメージするものを感覚的に作っているからこそ出て来る軽やかさや自由さ味わい深さがあり、器を手にする人たちを楽しませてくれます。

2019numata2
海月文
濃淡の美しい藍青色染付皿や赤絵など、オンリーワンのどんぶりとの出会いを楽しんでいただけたら嬉しいです。

Share on Facebook