企画展“お茶の時間”に出品いただいている 桑原哲夫さんの青白磁土瓶と丸湯のみ[添付写真参照]とても洗練されたデザイン。
写真では伝わりきれないのですが釉薬もとても美しい。しばらく眺めてうっとりししていたのですが、先日お客様の元に旅だって行きました。
お店をやっていてそれはとても嬉しいことですが少し寂しくもある瞬間です。

Share on Facebook