arita
来月6/10(土)に水戸と有田のご縁をつなぐトークイベントを企画しました。有田焼窯元 大日窯の器で楽しむ佐賀県のお茶とお菓子付。大日窯の器の展示即売や米どころでもある佐賀県の美味しい日本酒も用意する予定です。有田焼に興味のある方、有田に旅してみたい方、どなたでも参加できます。ぜひお越しください。

トーク&大日窯の器展示即売
旅とうつわと有田の話 ー滞在することで見えるものー
2017年6月10日(土)
19:00open、19:30start(21:00終了予定)
料金:1,000円(有田焼窯元 大日窯の器で楽しむ佐賀県のお茶とお菓子付)

●トーカー
佐々木元康(有田町地域おこし協力隊)
松本美枝子(写真家)
大日窯と有田町のみなさん※スカイプ出演
司会:甲高純子(PUNTO店主)

佐賀県有田町は日本で初めて磁器が作られた場所であり、今年で創業401年目を迎える磁器の町です。有田の磁器は日本を代表する磁器産業として連綿と受け継がれ、その美しい焼き物は今も世界中の人々に愛されています。その有田町から「有田町地域おこし協力隊」の佐々木元康さんが、PUNTOにやってきます。有田町出身の佐々木さんは大手製薬会社の研究員をしていましたが、震災を経て、家族とともに有田に戻り、焼き物の町・有田の魅力を発信し、「空き家ツアー」など有田への移住・定住の促進や、地域の人々のためのスペース作りなどの仕事を手がけています。

今回のトークでは、有田町で1ヶ月間の滞在制作と展示をした写真家・松本美枝子さんが聞き手になり、有田の焼き物の魅力や、古い町並みと豊かな自然、焼き物に携わる人々の暮らしなど、有田への旅の醍醐味を語り合います。地元の人ならではの有田の楽しみ方、 押さえておきたい旅のポイントなども、たっぷり教えてもらいます。
当日は有田焼窯元の大日窯や有田町の皆さんとスカイプをつなぎ、有田の「いま」を紹介してもらう予定です。
今回のトークでは大日窯の器を使って、佐賀県の美味しい日本茶と和菓子をお出しします。
初期伊万里のような素朴な作風の大日窯は、有田では珍しい民藝の窯であり、バーナード・リーチが訪れたことでも知られています。

開催日時 2017年6月10日(土)
19:00open、19:30start(21:00終了予定)
料金:1,000円(有田焼窯元 大日窯の器で楽しむ佐賀県のお茶とお菓子付)

場所:ミセルくらしPUNTO
〒310-0905 茨城県水戸市石川1-3785-1
Tel.029-255-6026 定員:25名
お申込み:お名前・ご住所・電話番号・枚数を明記の上、Eメールかお電話にてご予約ください。
info@punto-spazio.com

企画:ミセルくらしPUNTO、松本美枝子、K5 ART DESIGN OFFICE.
協力:大日窯、有田町有志のみなさん
※内容が変更する場合がございます。

Share on Facebook