ogawa
まだまだ寒い日が続きますが、そんな日は部屋を温かくしてギタリスト小川倫生さんの音楽を。

栃木県鹿沼市を拠点に活動する小川さんの奏でるギターの音色は、心の奥底まで自然に響いてくる感じ。音が染み込んでくるという表現がぴったりきます。13年ぶりになるオリジナルアルバムということで、様々なチャレンジもされていますので、今までのファンには新しく、初めて聴く方には優しく透明感のある音として響きます。
今回、ジャケットデザイン、インナーの写真撮影(一部)を、K5 ART DESIGN OFFICEにて担当させていただきました。併せてご高覧ください。

店頭では試聴も可能です。
通販でも取り扱っておりますので、この機会に是非手に取ってみてください。
通販はBASEのサイトへ↓
https://punto.thebase.in/

【CD】小川倫生「冬の言葉」
¥ 2,750
小川倫生6作目となるニューアルバム『冬の言葉』が8月13日リリース!
『PROMINENCE』以来13年ぶりのオリジナル楽曲によるアルバム。
言葉のない冬の本。
時のしじまに溶け込むアコースティックギターの響き。
小川倫生、待望のオリジナルアルバム。

GWR-1006

収録曲
1、モノディー 1:05
2、北極星の航路 6:05
3、Song for Micheal  4:16
4、Red Antelope 4:15
5、hidamari 4:49
6、真夜中に降り出した雨 2:41
7、冬を告げる 4:30
8、シリウス 4:58
9、歌の行方 2:46
10、無限の青の中で 5:39

Share on Facebook