2019tomimoto1
愛知県の常滑で活動されている冨本大輔さんのどんぶり(半磁器)
駒筋(こますじ)と呼ばれるロクロを回しながら描く染付の柄は、シンプルで普遍的な親しみと安心感があり、日本の食文化に最も深く根付いているうつわの模様のような気がします。

2019tomimoto2
どの柄と組み合わせても相性がいいので、柄を揃えずにバラバラに選んでも楽しいと思います。

2019tomimoto3
らーめんは勿論、うどん、そば、丼もの、煮物などにもしっくり馴染んで活躍してくれる器です。

どんぶりお買い上げの方に、チキンラーメンプレゼント!

Share on Facebook