20190215_1
中塚英司・あたかゆき2人展
へらとかお −手ざわりをさがして−

会期 2019年2月16日(土)─3月10日(日)
時間:12:00─19:00 ※月・火曜日定休
作家在廊日:2月16日(土)

【参加作家プロフィール】
中塚 英司
木の台所道具とカトラリー
1975年栃木県壬生町生まれ。すし屋の次男坊としてすくすく育つ。器用ではあったが、主にカラダを動かすことと音楽に興味と情熱を持って10代を過ごす。1993年〜川崎の割烹料亭に就職するも、早々に退社。高校から始めていたダンス(HIP HOP)に20代を捧げる。プロ契約後、バックダンサー/ショーダンサーとして出演多数。都内/横浜/栃木でダンススクールを主宰。三十路が迫る頃、頻繁なケガや体調不良から違う表現を模索し始める。2005年ひょんなことからしばらく住むことになったフランスでの暮らしや農業体験から、モノヅクリに興味が向き始める。2006年益子starnetの馬場さんに声をかけてもらい、バッグの持ち手やボタンなどのパーツを木で製作し始める。2007年本格的に独立、木べらの製作をスタートさせる。卸しを主軸にして、近年は展示会や出店もしながら活動。那須塩原市(旧黒磯)に作業場をかまえ、現在に至る。

あたかゆき
絵と粘土
1990年茨城県日立市生まれ。絵を描くことは幼少時代から。2006年茨城県立笠間高校 工芸・デザインコース入学。この頃より人の顔の造形物の制作開始。2009年東京都日本児童教育専門学校 絵本・童話学科入学-2011年卒業。2012年~茨城県笠間市奥田製陶所で粘土の制作をしながら平行して絵の制作。作家活動を進め現在に至る。グループ展・個展多数。
何気ない日のワンシーンのような絵と短い文章、粘土で顔の造形をつくりながら暮らしています。絵の先生もしています。幼い頃から、体の中にある感情やうごめきを絵や見える形にする習慣があり、そのくり返しが今の自分の暮らし方に繋がりました。年を重ねるごとに生まれるそのものと、丁寧に触れ合っていこうと思います。

Share on Facebook