*5月 無添加おやつきのみの便*

kinomino
木々の緑もだんだん深くなってきました。
明日5/29(金)は月に1度のお楽しみ「きのみの便」。季節毎に手に入ったこだわりの食材でつくる焼き菓子は、身体にやさしい味。乳製品不使用。いつものお茶の時間のお供や差し入れに。

ーーーーーーーーーー
毎日通る小道にも、白詰草が咲きました。
いつものお菓子をいつもの場所へ、水戸のPUNTOさんにお菓子をお届け致します。
このお知らせも2ヶ月半ぶり。
何を作ろうかとはやる気持ちはちょっと抑え、定番のお菓子達をお持ちします。
いつものあれ食べたいなぁ、そんな風に思って下さる方がいらっしゃれば嬉しいです。
お届けはお店オープンの12時頃、どうぞよろしくお願いします。 きのみの

出張お茶サービス社
5/30(土)14時〜19時頃までPUNTOにてOPENします。
水戸市をベースに活動する、お茶の移動販売車「出張お茶サービス社」中国茶・コーヒー・紅茶・チャイ・ハーブティー・ほうじ茶その数およそ80種類。特にハーブティーは、体の調子から気持ちまで、頼む人の状態に合せて作ってくれるという、オーダーメイドの茶屋です。

Yukako Tanaka

20200yukako
Yukako Tanaka/アーティスト
“always thinking about the triangle”
主に物理学の定理やデータを美術の文脈に取り込みながら制作を行っている。近年は「存在」「在る」ということ、また「不在の在」について、宇宙線や重力波などのデータを採用しながら考え、表現活動を続けている。

2020yukako
哲学・幾何学・物理学の理論を様々な角度から分解し、作品に落とし込んでいます。Yukakoさんの探究心は止まる事なく未来に向かって進んでいる!

全て手刷りのシルクスクリーンプリント、写真以外にも様々なTシャツ作品がありますので、実店舗orオンラインストアにてみてもらえたら嬉しいです!

2020yukako1
web販売 サイトはBASE にて
https://punto.thebase.in/

明日5/29(金)は、無添加おやつ きのみの便 が届きますよ〜

SottoYorue

2020sotto1
SottoYorue
ふたりで筆を握ると、下書きのない絵が生まれる。点や線やまるで生まれる、たった一枚の景色。

2020sotto2
毎日のささいな 小さなこと
2人で1つの絵を描く
美味しい食べ物はエネルギーの源

2020sotto3
わたしのことや あなたのこと
昔のことや 今のこと
出逢った人や まだ見ぬだれか
忘れてしまったこと
思い出したこと
切ないこと あったかいこと
そんな話の行き着く先はいつだって今で
そのうちにお腹がすいて 食べておいしくて 眠くなる。そんな時も筆だけは動くんだから不思議なものです。

2020sotto4
今年のTシャツは、一枚一枚のテーマをはじめに決めて描きました。お腹が空いていると食べものになりがちです。

2020sotto5
そしていつものように 会話が絵に混ざっていくと 終わる頃にはみたことのない はじめてみるもの になっていたりもして そんなちぐはぐを これまたふたりで描くツギハギ文字に込めて 絵に添えました。まるでお品書きのよう。text SottoYorue

2020sotto6
ボディ:ホワイト(綿100%)
サイズ:S,M,L
2人の人間による手描き

実店舗とオンラインストアにて購入可能です!web販売 サイトはBASE にて。
https://punto.thebase.in/

お店の定休日は、月曜日と火曜日です。
5/29(金)は、無添加おやつ きのみの便 が届きますよ〜。

桜かおり

2020sakura
桜かおり/創作家/布と紙の表現作家/shuGART ROOM
「木製の寝台」
木製の寝台には、森の動物達もこっそりと眠りにやって来ます。童話の世界に入り込んだような、メルヘン・ビュー。

物語が動き出しそうな一コマをTシャツに落とし込んでくださいました。今年は抽象的な表現の新作も届いています。
ーーーーーーーーーーーーー
森に行きたい。
お天気が良いと、そんなことばかり考えてしまいます。
想い募って、(?)、今回の出品作品のテーマはズバリ、「森」。
「森」「樹」「森に棲む動物」をモチーフに、手描きで色々描いてみました。
全て一点物になります。

2020sakura3
プカリの樹・ハンサムマン
空にプカリと浮かぶ、「プカリの樹」。シンプルにデザイン化し、ハンサムバージョンとしました。

2020sakura1
プカリの樹・かわいこちゃん
空にプカリと浮かぶ、「プカリの樹」。星模様をかたどった額縁にそっと収めて、どこか女性的なイメージで

2020sakura2
実店舗とオンラインストアにて購入可能です!web販売 サイトはBASE にて。
https://punto.thebase.in/

薺藤詩織

2020sai
薺藤詩織「しりぐまTシャツ」
「いつもここから」
いつもここから
みえる景色がある。
場所が変わっても
いつもそのときの 今ここから。
しりぐまは ふと立ちとまっては
いつもここから
そんな景色をみつめている。

しりぐま/2011年生まれ
おしりのみえるくま。

絵の色はモノクロとモノクロに色を付けたもの2種類。
⚪︎ガリ版 手刷り

ーーーーーーーーーーーーー

小さなお店を変らず開いていくこと
考えながら
変化しながら
小さな声をひろいながら
出来る事を少しずつ繋いでいく

しりぐまを良く見るとお尻がぷりっとしてます。
詩織ちゃんの描く絵をみて、ほっこり。
元気をもらったよ。

ーーーーーーーーーーーーー

実店舗とオンラインストアにて購入可能です!web販売 サイトはBASE にて。
https://punto.thebase.in/

五嶋英門

2020gotou
細胞組織のようなドローイング
刺繍の様にみえますが、点で描かれています。手描きの1点ものTシャツ。2種類入荷しました!

現代美術作家のほか、90年代後半からトラックメーカーとして楽曲制作を行っている五嶋英門さん。
デジタル処理された音、そして記録映像などを用いたインスタレーションを発表したり、水戸市にあるアートオルタナティブスペース「キワマリ荘」では『ビート,風土』という音楽の企画も主催しています。是非こちらもチェックしてみてください。
『ビート,風土 vol.1』
http://trix-mag.com/?event=2809
『ビート,風土 vol.2』
http://trix-mag.com/?event=3148

五嶋 英門[アーティスト]
絵を描いたり音を出したり
粘土をこねたり
切ったり貼ったりしています。
http://www.gotohidekado.com/

実店舗とオンラインストアにて購入可能です!web販売 サイトはBASEにて。
https://punto.thebase.in/

かとうまさひろ/園芸家

2020katou
かとうまさひろ/園芸家
新作「星めぐり」
宮沢賢治の詩「星めぐりの歌」を題材につくってくだいました。星が瞬く様子が楽しく素敵に表現されています。
夜空を見上げて星を胸に刻みましょう☆

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。

かとうさんのTシャツは、大人でも子供でも着やすいデザイン。ファミリーで着ても素敵です♪
サイズ「UNISEX」、100、130、XS、S、M
シルクスクリーンで1枚1枚ハンドプリントしてあり、ビンテージ感の出ているものも良い雰囲気。

202005sea
「SEA FRIENDS」
さかな。海のともだち。

実店舗とオンラインストアにて購入可能です!
https://punto.thebase.in/

板垣翠「白線」

20200506itagaki
T shirts Complex 08
作家さんが作ってくれる個性溢れるTシャツ、今年もたくさん揃いました。毎年思うけれど茨城の水戸発信ならではの参加メンバーで、これまでの出会いと時間の重なりの偶然で開催出来ていると考えると、この場をつくれることは奇跡なのかもなぁと。

わくわくしながら観に来てくださる方々の笑顔がみれて良い初日となりました♪
まちのベンチさんと2店舗巡ってくださった方、オンラインからのご注文や閲覧ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

板垣翠/画家 「白線」
翠さんしか描けない線の表現
いつもその線には迷いがないのです。

web販売 サイトはBASE にて
https://punto.thebase.in/

アビルマリ/イラストレーター

Print
Tshirts Complex 08
独自の世界観でユニークな作品をつくるアビルさん @kutuzoko
1年目はパンチのある絵 銅版画を元につくってくれた「ジャガーTシャツ」
2年目はストーリーを感じさせる「Midnight Insect」
3年目は中国の米万錘という古典の画家が描いた奇岩をヒントにした「山水」

幅広いイラストが描ける魅力的な作家さんの1人。展示を通してアビルさんのイラストレーターとしての活動もチエックしてもらえたら嬉しいです。今回Tシャツお買い上げの方についてくるおまけのポストカードの絵も必見です!
https://www.instagram.com/kutuzoko

PUNTOweb販売 サイトはBASE にて
https://punto.thebase.in/

dance1
アビルマリ/イラストレーター
「dance!」
イラストは消しゴムハンコでつくりました。
レトロなダンサーといろいろな獣を組み合わせています。
みんなでダンスできる時が早く訪れるのを祈って。

Tシャツにおまけでポストカードサイズの絵をつけています。
text アビルマリ

Tshirts Complex 08
2020 5.16sat.─6.14sun.

新型コロナウイルス感染防止の為、店内ではマスク着用・手先の消毒、3密回避へのご協力をお願いします。

あたかゆき

2020ataka1
あたかゆき「吹くミセス」

T shirts Complex 08 今年で8年目を迎えます。
今日は明日からスタートのTシャツ展の展示入れ替え搬入作業の為、お店はお休みさせていただきます。

昨年展示を観に来てくださった「まちのベンチ」のオーナー河又さんより、来年Tシャツ展に参加したい!とのお話しをいただき、今年から開催会場として参加いただけることになりました!参加作家が「PUNTO」と「まちのベンチ」では異なりますので、それぞれの店舗やオンラインストアを巡って楽しんでもらえたら嬉しいです。https://punto.thebase.in/

なお、今年は下記会場での展示は、臨時休館などの関係で開催いたしません。お気をつけ下さい。
◯水戸芸術館ミュージアムショップ Contrepoint
◯茨城県近代美術館 ミュージアムショップみえる

今年は未来に繋げる1年に!
新しい出会いも楽しみに、オンラインストアもどうぞよろしくお願いします!
プロフィールのリンクから準備が整い次第5/16(土)以降順次公開予定です。

2020ataka2
あたかゆき/絵と顔づくり
「たたくミセス」

2020araka3
あたかゆき「うたうミセス」
Tシャツに描く。というのは、紙に描くよりも少し冒険のようなドキドキ感。柔らかい布の上で、線や色は滲んだり歪んだり、思いがけない動きになるときも。それが知らなかった面白さを出してくれたりする。Tシャツに描くぞ…!という挑む気持ちの前回よりも、ただ絵を描くことを楽しめたように思う。もちろん、誰かが洋服として着ている姿を想像しながら。
会場であるPUNTOで、またはウェブショップで覗いて見て欲しいです!今年はどんな顔ぶれならぬ服ぶれが並ぶのか、私もとても楽しみ。 text あたかゆき

T shirts Complex | 08

202005T

“T shirts Complex | 08″
2020 5.161sat.─6.14sun.

どうしようもなくTシャツが好き… そんなTシャツ好きにおくる展覧会!
グラフィックデザイナー、アーティストによる魅力溢れるオリジナルTシャツを
“PUNTO”と“まちのベンチ”にて展示販売します。
この夏の一着との出会いをお楽しみください。

※ウェブショップでも同時開催いたします。
https://punto.thebase.in/

新型コロナウイルス感染防止の為、店内ではマスク着用・手先の消毒、
3密回避へのご協力をお願いします。

開催会場 [2会場同時開催]
ミセルくらし PUNTO
〒310-0905 茨城県水戸市石川1-3785-1 1F
Tel.029-255-6026(K5 ART DESIGN OFFICE内)
open 12:00~19:00 close 毎週月・火曜定休
https://www.instagram.com/punto310/

まちのベンチ
〒309-1736 茨城県笠間市八雲1-1-14
Tel.070-5370-9020
open 10:00~16:30(L.O 16:00) close 不定休
https://machinobench.wixsite.com/kasama
https://www.instagram.com/machinobench/

■開催日は開催カレンダーをご覧ください。
http://punto-spazio.com/gallery202005/

Awabi ware

2020awabi
Awabi ware[あわびウェア]の器もwebショップでも購入できるようになりました。
受け継ぐ器をコンセプトに、日用食器を制作。淡路島の美しさと書いて「あわび」、あわびウェアの「ウェア」には製品という意味があります。江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器をつくっています。

Awabiwareの生みの親である岡本純一さんの願いは、道具として永く、たくさん使ってほしいということ。毎日洗って、拭いて、と繰り返し使っても欠けたり割れたりしない頼もしさと、食事、スイーツ共に和洋問わず食材が映える造形としての美しさを兼ね備えた器です。

人々にとって大切な「食卓」という場に寄り添う器。気負わず使えるのに、気持ちを高めてくれる器。Awabiwareだけの色、質感やバリエーションの豊さを楽しんで頂けたら嬉しいです。

オンラインストアへは、こちらからサイトにとべます。
https://punto.thebase.in/

GWの営業について

5/4(月)・5(火)は休業日となります。
よろしくお願いします。

馬目隆広さんの鳥の小皿

20200418manome1
馬目隆広さんの鳥の小皿webショップに掲載致しました。
粉引きや三島手などの技法で普段の生活で楽しめるような素朴でシンプルなうつわが魅力。

馬目さんは、いつも朗らかで 美味しい珈琲を淹れ、ウクレレを弾き、と思えば慌てているお茶目な姿とか、見ているだけでホッとした気持ちにされられる。器にもそれが現れているなぁと。気張らずホッと一息の時間に使って欲しいなと思う器づくりをされています。

20200418manome
陶土はオリジナルに調合したものを使用し、粉引きは黒い点々や少し荒っぽい砂目を混ぜたりして、素朴な風合いが出るように仕上げられています。釉薬も真っ白というより少し青みが出るような木灰と長石を合わせたもの。還元焼成という変化が出やすい方法で焼いているので、毎回微妙に色合いが異なってきます。その土や釉薬の個体差を楽しんでもらえたらうれしいです。
こちらは鳥文の象嵌が施されています。
※象嵌は、半乾きの作品に、線彫りしたり印を押したりして、へこませた部分や線の溝に粘土や、化粧土を埋め込む技法。

webショップは、プロフィールページのリンクからサイトにとべます。
https://punto.thebase.in/

お店ものんびり営業中です。
4/19(日)はtomteさんが洗って使える布マスクを追加で作って来てくださいます。大人用と子供用あります。¥350〜¥400+tax