鈴木美汐 格子カップとポット

20171018
久し振りの晴れの日。風はひんやり。秋の空。
陶芸家 鈴木美汐さんの秋色の器。格子シリーズのポットやカップなども入荷しております。こっくりとしたカラメル色の器は、温かい珈琲や紅茶と共に豊かな時間を演出してくれる一品です。

有田焼 大日窯 茶碗

20171012
新米が美味しい季節ですね!
ご飯茶碗もお気に入りの器で食べてみてはいかがですか?
有田焼 大日窯 こてつ茶碗 安南 入荷しました。

有田焼について
豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に連れられてきた朝鮮人陶工により、日本ではじめて磁器が焼かれたのが佐賀県有田町でした。焼かれた製品が伊万里港から出荷されたことから伊万里焼とも呼ばれます。多彩な技法や色絵が有名で、ドイツのマイセンなどにも影響を与えたといわれます。現在の有田は、それらの伝統を継承するつくり手、作家、メーカー、商社などが乱立し、民藝的な精神をもった窯はほとんどなくなってしまいました。

大日窯
1958年に開窯された大日窯初代の久保英雄さん、先代の徹さん、そして現在の窯主である博志さんがともに目指してきたのは、古伊万里の再興。その中でも、江戸時代に淀川を行き来する船で使われた庶民の雑器「くらわんか手」の復刻に取り組んできました。磁器といえば華やかな絵付けを施したものに注目が集まりますが、大日窯では古伊万里をベースとした素朴でシンプルな絵付けのうつわをつくり続けています。

定番の安南柄
大日窯が昔から定番としてきた安南柄。柄の由来はフランス統治時代のベトナム地方の呼び名である安南から来ているそうです。安南焼というものが室町時代末期~江戸時代に日本に伝わり、茶人に愛されたそうですが、この安南柄はその当時描かれていたものをヒントに大日さんの先々代の方がアレンジして生み出されたそうです。昔からある柄やパターン。今見ても飽きが来ない普遍的な柄は暮らしの定番として長くお使い頂けると思います。
飯碗の形状は大日窯らしい、民陶の器に多くみられるしっかりとした高台のつくりが特徴です。割れにくく、適度な厚みがあるのが毎日使う上で安心してお使い頂けます。

臨時休業のお知らせ

10/8(日)•9(月•祝)は都合により臨時休業とさせていただきます。
みなさま良い週末をお過ごしください。

鈴木美汐 渡り鳥のお皿

20170928suzukim_1
鈴木美汐さんの器入荷しました。
渡り鳥(Wandervogel/ワンダーフォーゲル)
モチーフのお皿。

パスタ、サラダ、煮物、ワンプレート皿としても使える大きさです。
size H19.5cm W28.5cm

長い距離を移動する渡り鳥の習性に惹かれて、渡り鳥のモチーフにしたそうです。遺伝子レベルで、行き先も帰り道を知っている。不思議だなぁと。

鈴木美汐 トレイ皿

20170909_s
渡り鳥をイメージしたトレイ皿、新入荷しました。
色はこっくりとした茶と、白は今回ちょっぴりアーボリーな秋色。アンティーク風な雰囲気でとっても素敵な焼き上がりです。
トレイ皿は、おにぎり、出し巻き卵、お寿司、焼き菓子やケーキ、様々な食材の取り皿としても活躍してくれる大きさです。焼鳥、お団子の長さにもピッタリサイズ♪
H10.3cm W17.5cm

もくのすけ

20170902_1
神奈川県小田原市に工房を構える「もくのすけ 」鈴木友子さんの作品が新入荷しました。
寄木のブローチ、寄木ピンバッチ、寄木のピアス、きのこの形の寄木マグネット。
木工ろくろの技術を学ばれた鈴木さんの作品は、木の持つ自然の色や木目の美しさを生かした温かみのある作品です。

もくのすけ 鈴木友子
兵庫県生まれ
2007年 京都伝統工芸専門学校木工芸課 卒業
    木工ろくろを学ぶため小田原へ
2010年 (株)石川漆器で小田原漆器の木地制作に従事
2016年 屋号を「もくのすけ」として箱根板橋に工房を構え、独立

臨時休業日のお知らせ

aozora_flyer_17
9/13(水)都合によりお休みさせていただきます。
9/15(金)•16(土)•17(日)は、水戸芸術館広場にて開催される「あおぞらクラフトいち」準備&運営の為お休み致します。

【あおぞらクラフトいち Autumn in水戸】
木工やガラス、革、陶器、布小物などなど、様々なジャンルの160組の作家と飲食店が水戸芸術館の広場に集まります。尚、9/15(金)〜23(土)の期間中【水戸クリエイティヴウィーク2017】を開催致!9日間に渡ってアート/演劇/音楽/クラフト/建築/歴史…様々なジャンルの様々な催しが行われます。シルバーウィークは是非水戸に遊びに来てくださいね!会場内の受付ブースでは公式マップの配布や街中のオススメの観光スポットやお店、イベントの情報のご紹介なども行っていますので、お気軽にお声掛けください。
http://www.aozora-craft-ichi.com
https://www.facebook.com/aozoracraftichi/

mito
【水戸クリエイティヴウィーク2017】
視点を変える
街をもっと
クリエイティヴに楽しむ!
水戸の今を発信するプロジェクト

茨城県の県庁所在地である「水戸(みと)」は、水戸芸術館をはじめ数々の文化施設を有し、近隣エリアだけでなく日本の文化をリードしてきました。この地に足をつけながら成長してきた「あおぞらクラフトいち」や「水戸映画祭」、「野外映画上映」、「茨城総合物産音楽フェス」など水戸発イベントが集結して9月の連休に開催するお祭り、それが『水戸クリエイティヴウィーク2017』です。
詳しくは下記ページをご覧下さい。
http://mito-creative-week.com
https://www.facebook.com/mitocreative

*9月 無添加おやつ きのみの便*

kinomino
夏が突然扉を閉めて、秋がいそいでやってきた。
空気がひやっとしてくると、こっくり飴色の器の出番が多い。懐かしく暖かい、お茶とお菓子が似合うのです。
今月は、9/8(金)お店OPENの12時頃届く予定です。
とっておきの珈琲豆と胡桃を粗挽きにして加えた“コーヒーわさんぼん”
とっておきのお茶時間を。
http://kinomino-yum.com

Umeka 新作ブローチ入荷しました

20170826
羊毛と自然素材を組み合わせた作品を制作している「Umeka」さんの新作ブローチ入荷しました。
野花の素朴な雰囲気がふっくらと優しく表現されていて、とっても可愛いUmekaさんらしい作品です。
•シロツメグサ
•ハハコグサ
•タンポポ
•ワイルドキャロット

YEWICO[エイコ]革の作品展 会期が終了しました

20170826y
YEWICO[エイコ]革の作品展
たくさんの方々に足を運んでいただき、無事会期が終了しました。ありがとうございました。YEWICOさんならではの色の組み合わせ、なんともユニークで楽しげな雰囲気の動物や生き物たち。作品には1つ1つの動物に合わせて背景イラストが手描きで描かれており、その世界観にみなさん引き込まれている様子でした。
PUNTOに旅に出て来た動物たちは、それぞれに行き先を見つけて。出会い。また新しい世界を見てゆくのだと思います。

20170826_3

透花

20170721_1
涼やかなアクセサリー入荷しました
•りんごあめ
•雲のすきま

YEWICO カモノハシ

20170804y
YEWICO カモノハシのブローチ

hibi 10 MINUTES AROMA 和

20170805
hibi 和の香り レギュラーボックス
ひのき(Japanese cypress)
懐かしい静けさで、心を包み込む樹木の香り。浮き足立つ心を穏やかに鎮め、冴えた思考を取り戻したい時に。

白檀 (Sandalwood)
神秘的な深みある甘さで、別世界へ連れ去ってくれる香り。緊張を取り除き、自らの内面と向き合いたい時に。

桂皮(Cinnamon)
スパイシーな甘さを含んだ、温かく親しみやすい香り。沈んだ気持ちを活気づけて、前向きな心を取り戻したい時に。

マッチのルーツを語り継ぐものづくりを
創業85年、播磨のマッチ製造会社の想い。
http://hibi-jp.com/backstory.php

YEWICO マガモ

20170806
マガモのブローチ
ぷか ぷか。